コイルセンターの設備紹介

原田鋼業の工場では、レベラー、シャーリング、スリッターの各設備を取り揃えています。コイルセンターとして、母材コイルから各ラインごとにシート加工、切板加工、フープ加工等を手際良く行います。

製造部では、小ロット、短納期というお客様のニーズに対し、納期厳守、品質管理を徹底しています。少人数で最大限の成果を挙げるべく、熟練工と若いチカラが協力し合って、より効率的なラインの仕事に従事しています。

レベラーシャーライン

レベラーシャーラインはコイル重量25t、コイル幅5巾の大型コイルの加工に対応したラインです。ライト、ヘビー両レベラーを直列配置し、高張力鋼板(ハイテン)をはじめ様々な鋼種や板厚に応じたレベラーシャー加工が可能です。出側に2500mmのコンビネーション型パイラー2基を配置したことで5mサイズの長尺品にも対応します。

レベラーシャーライン
  レベラーシャーライン
板幅 400~1,524mm
板厚 0.3~4.5mm
コイル重量 最大25トン
切断長さ 500~5,000mm
レベラーシャーラインとは
コイルの巻き癖などを矯正して平坦な形状にして(レベリング)、比較的大きな一定の寸法の鋼板に切断します(シャーリング)。コイルセンターにとって最も基本的な設備です。

シャーリング

薄物・厚物専用シャーリングの設定と、それぞれのシャーリングに自動集積装置を整備することで、高精度な切断加工と効率的な梱包作業を可能にしています。

フルオートシャーリング、No.2シャーリング
  フルオート
シャーリング
厚物
シャーリング
セミオート
シャーリング
板幅 300~2,000mm 2,500mm 450~2,000mm
板厚 0.3~3.2mm 0.6~4.5mm 0.4~2.3mm
切断
長さ
最大1,300mm 最大1,000mm 最大1,230mm
シャーリングとは
鋼板を小さく切断する設備です。ごく簡単にいうと、例えば1000X1000mmの鋼板から、200X100mmの板を50枚切り出すイメージです。(実際には切りしろ等もあるため、もう少し複雑です)

スリッターライン

No.1スリッターラインは、25tの大型コイルの加工が可能なラインです。テンション装置にベルトブライドル™を採用し、塗油鋼板に対して安定したスリット加工と巻取りが可能となっています。また、ロータリー式刃組装置を採用し、スペーサー式スリット加工の精度を保ちつつ、省スペース化と刃組作業の効率化が図られています。
No.2スリッターラインは、MD型ロールテンション装置を採用しており、無塗油鋼板、ステンレス鋼板、カラー鋼板に対し無疵で安定した巻取りが可能です。2台のカッタースタンドを持つターンテーブル方式を採用して、剛性の高いカッタースタンドと軽油圧拡縮式カッターの真円回転による高精度スリット加工を得意とします。

スリッターライン
  No.1スリッターライン No.2スリッターライン
板幅 最大1,829mm 最大1,170mm
板厚 普通鋼 0.3~4.5mm
特殊鋼 0.3~3.2mm
普通鋼 0.3~4.0mm
特殊鋼 0.3~3.2mm
コイル重量 最大25トン 最大15トン
巻取外径 最大2,000mm 最大1,600mm
スリッターラインとは
コイルの幅を分割し、より幅の狭いコイル(一般的にフープと呼ぶ)に加工する設備です。例えば、母材コイル幅1000mmを100mmX10に分割するイメージです。

大阪工場

棚板製造ライン、アングル加工ラインなど、「ハラダラック」の加工部門を担っています。常に品質向上の努力を怠らず、お客様の ニーズにお応えし、様々な商品のタイムリーな加工と供給に徹しています。

各種鋼板加工のお問い合わせはこちらから

ISO9001:2008
本社、札幌支店、東京支店、東海支店
大阪支店、福山支店、福岡支店

PAGETOP